次回公演

2017年7月:ライブハウス×演劇公演『Y FUTAMATA』@下北沢 近松

futamata
新劇団員お披露目!本多劇場公演の前哨戦として、下北沢の近松にて7月4日(火)から短編オムニバスやります!
下北沢の新感覚ライブハウス「近松」オフィシャルサイト

◆公演概要◆

□字ック劇団員×脚本演出家によるオムニバス3本の企画公演

「ライブハウス×演劇公演 Y FUTAMATA」

公演期間

7/4(火)〜7/7(金)

タイムテーブル

7月4日(火)20:00~
7月5日(水)16:30~/20:00~
7月6日(木)16:30~/20:00~
7月7日(金)16:30~/20:00~
※受付開始・開場ともに開演の30分前となります。

劇場名

下北沢 ライブハウス 近松
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-14-16 北沢プラザB1F

チケット料金(全席自由)

前売り2500円 当日2800円
+ワンドリンク料金 600円

——

新劇団員×山田佳奈(□字ック)

『僕らは小沢健二に踊らされて、ここまで』

作/演出 山田佳奈(□字ック)

キャスト

大竹ココ
Q本かよ
滑川喬樹
(以上 □字ック)

益山寛司(劇団子供鉅人)
圓谷健太
※キャスト変更のおしらせ 出演を予定しておりました林浩太郎は、体調不良のため降板させて頂くこととなりました。 詳細はこちらをご覧ください。

作品にむけて山田佳奈よりコメント
先日、小沢健二が20年ぶりにMステに出た。
「オザワくん、20年ぶり!」とタモリさんに紹介されると、オザケンは笑って「前世に帰ってきたみたいです」と挨拶していた。
20年前、高校生だった僕はテレビの前でとても興奮していた。そうやって、ここまで来た、のだ。(山田佳奈)

——

小野寺ずる(□字ック)×青木秀樹(クロムモリブデン)

『丸山事件』

作/演出 青木秀樹(クロムモリブデン)

キャスト

小野寺ずる(□字ック)
Y_zuru

作品にむけて青木秀樹よりコメント
小野寺ずる、ある意味こいつは俺だと思った。だから初めての一人芝居は我々に共通のアレになった。演るのも観るのも苦手な一人芝居。でも稽古は目から鱗の連続!お芝居を観に行ったら友達が消える話!あなたも登場人物!でも巻き込まれない型サビシポツネンプレゼンス!(青木秀樹)

——

日高ボブ美(□字ック)×田川啓介(水素74%)

『演劇の夜』

作/演出 田川啓介(水素74%)

キャスト

日高ボブ美(□字ック)
浅井浩介
Y_bobmiY_asai

作品にむけて田川啓介よりコメント
内田春菊がある有名な演出家から、『あなたとは絶対にセックスしない、という空気を出してる女優となんか仕事したい演出家はいないよ』と言われたそうです。えー、でも小劇場はそんなことないだろ、と思ってたんですが、割とそうみたいです、なんか。(田川啓介)

——

チケット発売日

2017年5月21日 10:00~

→カルテット・オンラインよりご予約ください。

2018年1月:本多劇場進出!□字ック本公演 『滅びの国』

劇団本公演では3年ぶりとなる新作となる『滅びの国』。
団地とシェアハウス、という時代を象徴するコミュニティーに住む男女ふたりの孤独を描きます。

◆公演概要◆

タイトル:「滅びの国」
開催日時:2018 年1 月17 日(水)~1 月21 日(日) ※全7 ステージ予定
会場:下北沢・本多劇場
“団地”に住む主婦は、
別の女にのめり込んだ旦那の帰りを待ちきれず、
部屋に若い男を呼び、その場限りの関係を結ぶ。
若い男は主婦を柔らかく抱きとめると、耳元で「愛している」と言う。
それがリップサービスだということは分かっている。
だが主婦はその日から、その若い男のことばかりを考えるようになってしまう。
彼が住むのは“シェアハウス”。その場限りの慣れ合いを良しとし、蜜を舐め合うような環境。
わたしが居る場所が滅びなのか、それとも彼のいる場所が滅びなのか。
「真っ暗なトンネルの中にいるみたいに空っぽだ。わたしもあの彼も」
団地とシェアハウス。
時代を象徴するコミュニティーに居住する男女ふたりの孤独を描く。
誰でもいいから、最低なあんたでもいいから、わたしのこの渇きを満たしてほしい。